<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

泉乃里(静岡市清水区殿沢)※エスパ×グルメ   

【泉乃里】(和食・そば、カツ丼)
静岡市清水区殿沢1-1-12
054-335-7070

タイトルが長くなるので省略しましたが、
正式名称は「手打そば 京すきやき 泉乃里」です。

なぜこのお店が「エスパ×グルメ」なのかは、月間エスパルスニュース(エスパ後援会で毎月送られてくるアレ)をご覧いただけば分かります。
兵働選手が表紙の「2009年4月号vol.131」の中で、本田拓也選手のお気に入りのお店として紹介されていました。

会員じゃなくても、エスパルス・ドリームハウスなどで購入できます(在庫があれば)。


エスパの選手のお気に入りというのなら、一度行ってみるか、というわけです。

a0120344_15584076.jpg

日本平スタジアム(アウスタ)から大通りに出て、静岡市立清水病院の前を過ぎた辺りです(市立病院の並び)。試合の前後に腹ごしらえしたい場合にも良さそうな立地。
駐車場はお店の前に数台分。結構いっぱいになっていることも多いみたい。

お店に入ると、すぐ左手に全自動石臼がありました。蕎麦の実を挽いているんですね。
カウンター席と4人1組くらいの座敷席が数組。グループ席は、区切られていて、真ん中の2,3席以外はよく見えません。


さて、今回は「カツ丼セット ¥1260-」

「手打そば 京すきやき」の店で、なぜ カツ丼 を選択するのっていう話なわけですが、それは ここのカツ丼が選手の好物だと紹介されたからです。

カツ丼・うどん・漬物・豆腐がセットになった写真が載っていました。

a0120344_160859.jpg
あれ?記事と違うよ。
うどんじゃなくて、蕎麦だ。

うどん・そば どちらにするかとかは聞かれませんでしたが、寒い時期はうどん、暖かくなってきたら蕎麦とか決まっているのかもしれません。ちなみに、来店は5月初めです。

これはラッキー♪
自分でチョイスできたら、どちらにせよ蕎麦にしたでしょうから。

a0120344_1611138.jpg
このカツ丼が面白い。
写真の通り、卵でとじずに、カラリと揚げてあるんです。
お肉自体も脂身がそれ程多くないので、カツ丼としてはあっさり系の部類に入ります。

これは食べやすい。カツ丼を食べる機会が少ない女性にもオススメ。

かけてあるのは、やや甘みが強めの甘辛ソース。


a0120344_1644489.jpg
のりが、手でちぎった感たっぷり。

蕎麦は、太さに 若干バラツキあり。
蕎麦打ち体験で打った蕎麦とか思い出してしまいました。
お店の蕎麦でこういうのは珍しいですね。

プロが太さマチマチとかあるんかいな?
手打ちであることをアピールするために敢えてやっているのかな・・?とか、また穿ったことを考えてします。

太さマチマチだと、茹で加減もバラバラになりそうですが、
それは、そんな気になる程には感じませんでした。


そうそう。お豆腐が結構印象的でした。
量販されているモノのようにカチっと固めた感じではなく、やや緩め。自家製っぽかったけれど、毎日お店でつくっているのかなぁ。
コレが、なかなか おいしかった。



あーカツ丼だけでも結構ボリュームあるから、腹いっぱいだぁ。
と、そば湯をダラダラいただいていたら・・・

ガラガラ~ンと2人組みの男性客が入店。
あれ???なんか見たことある人だぞ!?


って、エダと武田君じゃね!?
す~っと仕切りの向こうの席に。


くぁw背drftgyふじこlp;

あの二人組は、枝村選手と武田選手に違いない・・よね?


お茶を一杯いただいたときに、ややテンパリながら、
「あっちの席行ったの、エスパルスの選手ですよね?」
「やっぱり?そうですよねー」
「ですよねー」
とかお店の方とコソコソ確認(笑)


はぁ~どうしようか、声かけちゃおうか。
でも、ご飯食べているのに失礼だよな。

と散々迷いつつ、きっと握手してもらえるよ?とか
お店の方が言うモンだから、突撃しちゃいました。

自分、なんで こんなに緊張してんの(笑)


二人と握手して(5月5日の千葉戦の何日か前だったので)、
「今度の千葉戦も、当然応援に行くので頑張って下さい!」って趣旨のこと伝えました。

武田君には「動物園※見てます」って言えば良かったな。そこまでは伝えられず(※動物園=武田選手のブログ「武田動物園」のこと)。


ずうずうしいことに、ダメ元で写真をお願いしたけれど、それは、やんわりと断られちゃった。ですよねー。

プライベートでご飯食べているのに、ほんとゴメンなさい。
そして、ありがとうございました~。


その日の昼食で、何食べているのかもチェックしちゃったけれど、
お2人の個人情報に当たるので伏せておきます(笑)


えだーむらーたくーまー

ちなみに、枝村選手は、その後に控えた千葉戦で、
貴重な同点ゴールを決めたのだった。

ウハハ。


※おしらせ※
ヨンセン選手が表紙の「エスパルスニュース2009年6月号vol.133」に、この間このブログでも紹介した「マハラジャ・ダイニング」が載ってました。このお店は、伊東輝悦選手もお気に入りなんだとか。


【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段△/1人〇/デート×/家族〇/仲間〇/お食事会△

個人的には、蕎麦よりも、カツ丼がオススメ。
ぽんすけ並に運が良ければ、ひょっとして・・・!?


【泉乃里】(和食・そば、カツ丼)
静岡市清水区殿沢1-1-12
054-335-7070

手打そば 京すきやき 泉乃里 (そば / 桜橋、入江岡、新清水)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-05-31 16:27 | 清水駅前・郊外

くらさわや(静岡市清水区由比東倉澤)   

【くらさわや】

静岡市清水区由比東倉澤69-1
054-375-2454

有名なお店なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
鐘庵のアウスタグルメのときに書いた、桜海老料理のお店ってのがココです。
3月に行ったっきり、レポートを書くの忘れていました^^;

由比町は、去年の11月に静岡市と合併して、清水区の一部となりました。宛名書きが、手書きだと長くて大変そうですね。
清水区ではありますが、地理的に同じカテゴリというのもどうかと思うので、別括りにしておきます。


今回はなんと!自分では1銭も出していません。
というわけで、ちゃんとした金額は不明ですが、
たぶん、4~5千円くらいのコースだと思われます。


由比は、ビワの産地でもあります。
お店の横には、立派なビワの木が実を付けていて、ご覧の通りの良い眺め。
a0120344_07301.jpg
気持ちよいですね~。
ビワの収穫は6月ということで、丁度これからですね。
写真は、お店の外で撮ったものですが、ババーーンと、この海が眺められる席が、そうでない席より多いみたい。上の階は宴会・食事会向けの大きめのお座敷になっているようです。

お店に来るまでの間には桜並木があり、そういう時期なら、花も楽しめます。駅からは遠いのですが、ウォーキングがてら歩いて行くのも悪くない道です。

・・といいつつ、自分は車で行きましたが。


えーと。ちょっとお料理と関係ない話を書いているのは、
時間が空きすぎて、肝心な料理の記憶が薄れてきているからですが・・。
こうならないように、ブログに記録することにしたのに!
やっぱり気持ちが ほくほくしているうちに、その感動を綴らないとダメだなぁ。

a0120344_0111964.jpg

まず、アジのお刺身が劇ウマ!!
なんだか甘いよ。

自然とみんなの笑みがこぼれる旨さですよ、これは。
言葉でうまく表現できないけれど。
ひょっとしてコレって、生粋の静岡人でも納得のお刺身じゃない?

職場のオジサンによると、由比にはアジの良い漁場があるそうで、
その旨さは地元的には有名らしいです。

クリーミーで濃厚なゴマ豆腐もGOOD。

a0120344_014228.jpg
もちろん、コレは外せませんね。
桜えびのかきあげです。

口にする前に、まず何よりも驚いたのが、この衣の少なさ。
ほとんどエビ本来の形のまんまくっ付いています。
これはもう、名人芸の世界でしょう。

ちょぴり塩を付けて、サクサク。

私が行ったのは、桜えび漁の少し前の3月末でしたので おそらく冷凍品と思われますが、それがどうか、自分の舌べらで判別できるわけがない(笑)

これ、なかなかボリュームあります。


a0120344_0155469.jpg
左の赤いイカは、ホタルイカかな?
ホタルイカと言えば富山が有名ですが、駿河湾でも採れるそうですね。

貝は、多分ナガラミってやつです。

クリッと ようじを1回し。
上手く身が取れるかどうか、運試し。

a0120344_0165419.jpg

一品一品が少ないようで、意外とお腹にたまる・・。

a0120344_0173972.jpg
上品なたけのこ。この辺りは、時期により変わってきそうです。

a0120344_0183990.jpg

あつあつの釜飯は、カニがたっぷり。
釜飯の具は、予約のときに あらかじめチョイスできるようです。
他には、桜えびメインと、鯛か何かだったかな?

桜えびづくしコースもあるようだけど、今回はそればっかりにならないように、幹事の方が、敢えて他のモノにしてくれたみたいです。

a0120344_0205166.jpg
後半は、ロクな説明なしで失礼・・。おしゃべりがはずんで、料理をいつものようにジロジロ見ていませんでした^^;

桜えびのかき揚げは、お持ち帰りもできるので、お店の方に頼んでみましょう。大判のかき揚げを食べきれない方は、持って帰ってから自宅でいただくのもアリ。コース食べた後に、プラス1枚お持ち帰り分をオーダーするのも良いですね。



【感想】★★★★☆

味〇/雰囲気〇/値段-/1人△/デート〇/家族◎/仲間◎/お食事会◎

自腹を切らず、正確な値段を把握していないので、価格の評価は保留。
桜えびのかき揚げは、ココなら間違いなし。アジのお刺身が良かったのも印象的。コース以外の、かき揚げ丼とかでも充分楽しめそう。


【くらさわや】
静岡市清水区由比東倉澤69-1
0543-75-2454

くらさわや (魚介料理・海鮮料理 / 由比)
★★★★ 4.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-05-29 00:33 | 由比・蒲原・富士川

日本平・スタジアムグルメ【パルちゃんカレー】   

【パルちゃんカレー】
※「スタジアムグルメ」のカテゴリ・コンセプトはコチラ※

GWは、引き分け連発。結局勝利を挙げられなかったエスパルス。

先日の大分戦に快勝、ようやく勝点3!!と思ったら、
20日のナビスコ予選では、山形相手に攻めきれず。

モンテディオ山形のプレーは初めて生で観ましたが、相手にボールを保持されて攻め込まれるのを、そういうモノだと受け入れた上で、キッチリ対処しているなぁという印象を受けました。
相手に敬意を払った上での、リスペクト・サッカーって感じ。
初参戦のJ1で、しっかり勝点を積み上げてきたのが分かります。
そして、それにまんまとやられたエスパルス。
6月のリーグ戦では、しっかりお返ししてもらわないと・・。


さて、今回の日本平スタジアム(アウスタ)グルメは、メインスタンド側「天神屋」から。

下のの場所にあります。
a0120344_04028100.jpg

バックスタンド側からの場所に行くには、地図点線部を通過する必要があります。ここは、基本的にAゾーンか指定席のチケットがないと通れませんのであしからず。

(ご飯買いたいから、と言えば通してくれることもありますが、オフィシャルなアレではないので、そういうものとして・・)


今回は「パルちゃんカレー ¥600-」にします。

ちなみに「パルちゃん」とは、エスパルスのマスコットの
a0120344_0461491.jpg
です。
写真は、エスパルス・ドリームプラザで営業活動中のパルちゃんさん。ドリプラでは、客に混じって普通にエスカレーターに乗ってたりします(笑)

a0120344_0541287.jpg
ご飯が、ケチャップライスだ。

a0120344_054515.jpg
このライスは、パルちゃんをイメージして「黄色」をターメリックライスで表現という選択が一番ありそうな気がしましたが、カレーでケチャップ(チキン?)ライスというのは珍しいですね。やはり、エスパルスのカラー「オレンジ」をイメージしてのことでしょうか。

まずは、カレーを一口・・
a0120344_102958.jpg
ほほう。

酸味がよく効いています。

これは、市販のカレールーで作る普通の家庭カレーにはない味。カレーの中に、トマトらしい物体は見つかりませんでしたので、よ~く煮込んであるのか、ホールトマトでも使ってるのか。どちらにせよ、おそらくトマトであろう。

家で作るときも、トマトケチャップとか使って、酸味を加えるとおいしくなりますよね。パルちゃんカレーでは、これが際立っています。これが最大の特徴です。
カレーの酸味は隠し味的に使っていたけれど、なるほど、結構強めに効かせてもイケますな・・。今度トマト缶で試してみよう。

カレー部分の具は、にんじん、タマネギ、お肉はかなり小さいけど豚肉かな?
a0120344_114326.jpg

ライス部分は、コーン、グリンピース。小さいお肉っぽいカケラ(写真コーンの右の茶色の物体)は・・チキンか・・?どちらにせよ、肉の量は期待しない方が良いでしょう。

ケチャップは、オレンジ色を付けてあげるためという感じで、それ自体の味は控えめです。カレーと絡めるのだから当然ですね。にしても、ライスの味が濃くなくて安心しました^^;

そうそう。カレーは、ノーマルな中辛。小さい子供にはちょっぴり辛いかも?

カレーが思いのほか おいしかったのが、今回の収穫でした。

この「天神屋」には、名物「モツカレー」もあるので、そのうち紹介してみたいと思います。


※「スタジアムグルメ」のカテゴリ・コンセプトはコチラ※
※「日本平スタジアム」は、ネーミングライツ契約によって、4年間「アウトソーシングスタジアム日本平(アウスタ)」と呼ばれますが、このブログでは、便宜上「日本平スタジアム」と表記します。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-05-22 01:29 | スタジアムグルメ

定額給付金、大放出セール開始予定・・   

全然更新してなくてスミマセン。

こまめに更新チェックして下さっていた皆様、
申し訳ありませんでした。


いちおう言い訳をしておくと、仕事がすごい忙しさで、
写真を整理したり、文章書く時間もままなりませんでした。

しかし!
その代償として、こんなご時勢にも関わらず、記録的な残業代を稼ぎました。

ウハハ。
今度の給料日が楽しみだ。
もっと ご飯食べに行こう。


そして、定額給付金!

1万2千円を貯金に回しても仕方ないので、
全額、静岡市内の外食産業に投じちゃうもんね!

千円のご飯を、12ものお店で食べられるじゃないか。
それとも、3千円を4回・・?
そう考えると、なんと有意義なことよ・・。


ということで、マイペースで、ボチボチやっていきますので
よろしくお願い致します。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-05-16 10:44 | おしらせ

菜の花(静岡市葵区沓谷)   

【菜の花】(和食・そば)

静岡市葵区沓谷6-10-1
054-264-7701

お蕎麦屋さんです。

多数の飲食店があり、ぽんすけが要チェック地区に指定している沓谷~瀬名周辺。
このお店も、そんな沓谷にあります。流通通り沿い静鉄ストアの裏側に当たる住宅街の中です。
a0120344_0595735.jpg

上の写真では、普通の蕎麦屋かな?という印象を受けるかもしれませんが、実は、外観も内装も、開放的で明るくて、お洒落なカフェっぽいんです。
店内の音楽だって、洋楽がかかっています。パスタやコーヒー&ケーキが出てきてもおかしくない。いや、むしろ そっちの方が自然。

でも蕎麦屋。


今回は、「天せいろ ¥1480-」で行きます。

ちなみに、おせいろは¥700-でした。

a0120344_0483488.jpg
どどーん。
お~生わさびが付いてる。
天ぷらのボリュームいっぱい。なんとも賑やかです。
薬味も結構多めにありますね。

a0120344_0495482.jpg
自分でおろしていただく生わさびと、天ぷらの塩と・・。


a0120344_0514427.jpg
ん?これは?

いつもの癖で、ちょいと味見・・。あれ?あったかい。
旨みがよく出ています。醤油は、あまり入っていない?

そう、天つゆ。
そばつゆとは別に、天つゆが付いていました。これは嬉しい。


個人的な好みを言うと、天ぷらは、本当は つゆでいただくのが好きなのですが、かといって蕎麦つゆに油が浮くのは好きじゃないので、大抵は塩のみでいただいていました。
わざわざ、そばつゆとは別に作った、天つゆを付けてくれるとは。
ツボを押さえてくれているなぁ。


って、すっかり引き込まれてしまいましたが、おそば おそば・・。


a0120344_0523395.jpg

そばつゆは、天つゆとは打って変わって、濃い目(辛目)。
これは、蕎麦湯タイムも楽しめそうです。
写真では、天つゆより薄そうに見えますが、それは器の色により、そう見えるだけです。


a0120344_0534794.jpg

写真は、微妙にピントが合っていませんが、黒い粒々がところどころにあります。

長さ、太さはノーマル。
コシも普通かな。


ずぞぞぞ~っ。
ずぞぞぞ~っ。



ん~イイ香り。
これは、お店で挽いているっぽいですね。
※このお店に行ったのは、ちょっぴり前、4月中です。

a0120344_0552540.jpg

ずぞぞぞ~っ。
ずぞぞぞ~っ。



はぁ~イイ香り。
そう、この蕎麦。この蕎麦ですよ!!


天ぷらは、塩と天つゆ、自由に使いましょう。
よりどりみどり、たくさんあって、楽しい。

そして!衣がそれ程多くない。

お蕎麦屋さんの天ぷらは衣が多いのが世の常ですが、
冷たいお蕎麦なら、少なめでも良いのになぁというのが、個人的な気持ち。
そのツボをガッチリおさえてくれているんですよ。
a0120344_057337.jpg

だって、個々の天ぷらに そんなに花を咲かせなくても、これだけ豪華。

はす、かぼちゃ、さつま、なす、のり、etc・・。
そんな野菜たちの影に、エビが2本!
普通なら主役になるはずのエビ天が、影に隠れる華やかさ。

天付きにして良かったなぁ。
心からそう思える天せいろは、久しぶりです。


普段は、蕎麦自体には、あまり わさびを使わない私ですが、生わさび付けてくれるのだから、使わない手はないですね。
ココまでで、既にテンション高めなので、多めのわさびを乗っけちゃうもんね。


ずぞぞぞ~っ。

う~ん、おいしい。
これはこれで良いモノです。



そば湯は、透明でした。
それ程香りもなく、普通のお湯みたいでした。
ただ、11時開店で、入店したのが11時10分くらい。
私が、その日一番最初の客だったようなので・・。

蕎麦を茹でるお湯って、たぶん営業時間中、そんな頻繁に取り替えたりしないですよね?
あの蕎麦を茹でていれば、午後のやや遅めの時間には、かなり香りも立ってくるんじゃないかと予想。
次回は、遅めに行って試してみます。

ココに限らず、お蕎麦屋さんには、たぶんそういうタイミングで行った方が、そば湯を楽しめる。



つゆのそば湯割りに、贅沢にも生わさびを使ってフィニッシュ!!
おいしいお蕎麦、ごちそうさまでした。


会計時にちょっと聞いたところ、やっぱりお店で蕎麦の実を挽いているそうです。


【感想】★★★★★

味◎/雰囲気◎/値段〇/1人〇/デート〇/家族〇/仲間〇/お食事会〇

来ました!!これだ!この蕎麦だ!お店の雰囲気も開放的で良い感じ。静岡市内最強クラスの蕎麦屋じゃない?香り高い蕎麦が好きな人向け。

職場の蕎麦好きのオジサンに報告しよう。

【菜の花】
静岡市葵区沓谷6-10-1
054-264-7701

菜の花 (そば / 古庄、長沼)
★★★★★ 5.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-05-03 01:16 | 静岡郊外・葵区