<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

川さき庵(静岡市清水区袖師)   

【川さき庵】和食・そば

静岡市清水区袖師町1323-4
054-367-9070

知らないと入ることがないような住宅街の中にあります。
車でないとちょっと行きづらい場所。車は、お店の前に2~3台は停められます。


a0120344_026527.jpg

和風の落ち着いた雰囲気です。
蕎麦は、国産粉の二八と、外に出してあるボードに書いてありました。


4人掛けくらいのテーブルの他にカウンター席もあります。
カウンターは、調理スペースに向き合う形になっていますが、
その間には、日本酒が並んでおり、向こう側は見えません。
そのため、視線などを気にせず、くつろげます。

お酒は銘柄もたくさんあって、蕎麦屋で一杯やりたい方にとっては楽しそう。
もっとも、私は酒ダメなので、残念ながらこの辺りは分かりません。


メニューには、

「せいろ or かけ」+「ミニ天丼 or ミニ親子丼」セット¥1000- などのセットもありました。
※とろろ丼も選択肢に入ってたかも。組合せは、うろ覚えです。蕎麦会席もあるようです。

変わっているところでは、「ゴマだれ」なんていうお蕎麦もあります。つゆの代わりに ゴマだれでいただくのかな?蕎麦の香りとかは、ゴマだれに消されて分からなくなりそうですが、ひとつの食べ方として、それはそれで面白そう。

と、色々あるわけですが、


今回は基本の「せいろ ¥650-」


まずはそばつゆ・・と思って手に取ったら、そば徳利がキンキンに冷やしてありました。お猪口も。

やや濃い目のつゆ。
前回行った「そばの実文」のつゆが鮮明に記憶にあったので、特に濃い口に感じました。

a0120344_0343977.jpg

蕎麦は白っぽく、かなり細い。そして、かなり短い。
きれいで斑点などはなし。香りはそれ程強く感じられません。


ずぞぞっ
ずぞぞっ




うむ、いつもよりが少ない。



ずぞぞっ
ずぞぞっ


a0120344_0345885.jpg

繊細で女性的な蕎麦。上品に食べられそうな感じ?ずぞぞぞ~っとやるのが苦手な方には良いかもしれません。
ぽんすけは、どちらかというと、もっと田舎っぽい蕎麦が好きなので、そういう意味ではちょっと洗練され過ぎている感があります。


ずぞっ

そばつゆは、一度も注ぎ足すことなく一枚食べ切り。
やや濃い目な分、そして、蕎麦自体にあまり消費しなかった分、つゆの蕎麦湯割りを、いつもよりじっくり楽しめました。



【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段〇/1人〇/デート〇/家族〇/仲間〇/お食事会〇

細く短い蕎麦が、私の個人的な好みとは一致しませんでしたが、雰囲気も落ち着いていて、人と蕎麦屋に行くときの無難な選択肢である気がします。


【川さき庵】
静岡市清水区袖師町1323-4
054-367-9070

川さき庵 (そば / 清水、新清水)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-30 00:41 | 清水駅前・郊外

なみへい食堂(静岡市駿河区西島)   

【なみへい食堂】洋食

静岡市駿河区西島847-1
054-280-5855

a0120344_23565542.jpg

名前に騙されてはいけません。食堂とありますが、洋食屋さんです。

こじんまりとしたお店。
交通量が多い通り沿いですが、ちゃんと確認しておかないと、気付かずに通り過ぎてしまいそうになります。


2人用のテーブルが7つくらいと、4人テーブル席がひとつ。2人席はくっつけることもできるのかな?
喫煙可能な状態で、かつ隣席との距離が近いので、タバコが苦手な方や、現在禁煙を頑張っている方は注意が必要です。

さて、まずはやっぱりオムライスかなぁ。


ミートクリームのオムライス ¥980-


a0120344_23563291.jpg

オムライスに、クリームソースとミートソース両方がかけてあります。

手間がかかっていそうなミートソースは濃厚でひき肉もたっぷり。外側にかけてあるクリームソースの味と2重に楽しめるのが贅沢です。ソースを使った他の料理にも期待が持てそうです。

写真の後ろ側になってしまいましたが、同じお皿に添えられた、ミニサラダが嬉しい。


ライスは、濃い目のケチャップベース。ケチャップが多目で、しっとりとしていました。具は見当たりません。入っていない様子。
しっとりする程ケチャップが多いライスは、このお店の特徴なのでしょうか?「とくちょう」を「特長」と書くか、単に「特徴」とするか、結構好みが分かれそうです。
個人的には、ミートソースが濃厚なだけに、ライスまで濃いのはどうかな?と感じました。もっとあっさり系のソースならば、フィットするのかも。

a0120344_23571136.jpg

ほわ玉アップ。

ほわほわ度は、ホセ☆メンドーサ程ではない印象。
もっとも、ソース2種が玉子をほとんど覆い隠してしまう程にかけられていたので、ほわ加減自体を、フルには味わえない条件でした。ミートソースが濃厚で重めですからね。
"ほわほわ"を重点的に楽しみたい場合は、もっとシンプルなソースを選択した方が良いでしょう。まぁ、これは、このお店に限ったことではありませんが。

その代わり、丁寧に作っているっぽい2種のソースを楽しめたのが今回の収穫です。クリームソースは、クリームコロッケにしたら、また美味しいだろうなぁ。今度は、デミグラスソースの料理も食べてみたい。


ちなみに、お持ち帰りできるメニューもあるようです。概ね千円切っていたかな?
なんらかの会議や集会でのお弁当に、ある程度予算が付いて、かつ洋食にしたい時とか、家に友人を招くときなどに上手く利用すると喜ばれるかもしれません。ただし前々からの予約でないと、まとまった人数分は、難しいかも?この辺り、もっと詳しくチェックしてくれば良かったな・・。

【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段〇/1人〇/デート〇/家族△/仲間◎/お食事会×

少人数での友人同士で行きやすそう。
クリームソースを使った他の料理にも期待。


【なみへい食堂】
静岡市駿河区西島847-1
054-280-5855

なみへい食堂 (オムライス / 安倍川、静岡、新静岡)
★★★★ 3.5


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-27 00:07 | 静岡郊外・駿河区

【エスパ×グルメ】オレンジバンドってご存知ですか?   

先日の名古屋グランパスとの試合は、結果を見れば惨敗の1-3。

これはエスパの流れかも?という時間帯に、スピード感のある攻撃であっという間にズタボロにされて失点×2。シクシク・・。
日本代表でもある岡ちゃんの素晴らしいダイビングヘッドで詰め寄るも、最後の最後に相手にPK取られて終了。岩下さん、あなたがすぐに精神的にブキ切れしちゃうのが心配だよ。これは前々からの懸案事項だけど・・。

ということで、今回はエスパルス関連の宣伝(?)ですが、このブログのテーマでもある静岡市内での外食・グルメに関わる話題でもあります。

エスパルスのシーズンチケット買ったら「オレンジバンド」なるモノが付いてきていました。

a0120344_18333181.jpg

写真だとよく分かりませんが「Ⅰ♥S-PULSE」と書いてあって、エスパのロゴやパルちゃんの絵が入っています。

そういえば、去年もこのバンド付いてきてました。
そして、全く使わず 放置していました。すでに行方不明。

エスパルス主導で「オレンジバンド・キャンペーン」ってのをやっているそうで、それに協賛しているお店に このバンドを持って行くと、◎%割引とか、ドリンク1杯無料、デザート1品付きなど、+αのサービスを受けられるというモノ。

※お店によって、サービス内容が違います。
※2009年2月~2010年1月まで。それ以降、協賛店やサービス内容が変わります。


協賛店には、地元の飲食店・博物館・ボウリング場・レンタカー・ホテルなど、色々ありますが、ココでは当然のことながら「飲食店」で使ってみますよ~。
コレ、なんとも私向けのキャンペーンじゃないですか。

しかも、前から気になっていたお店の中の何件かが、既に協賛店になっていることを確認したので、これらのお店には絶対に行きます。さっそくオレンジバンドを使ってみよう。それ以外にも、面白そうなお店があったので、機会をみて、そのうち足を運んでみます。


あまり書くと、本格的に宣伝っぽくなるので、これくらいにしておきますが、個人的には、こういう地元向けキャンペーン好きです。それなりに盛り上がって協賛の輪が拡がれば、誰も損をする人いないよね?

少なくとも私は、得する一方です(笑)


ちなみに、少し前に紹介した「あし家」も、オレンジバンド協賛店だったらしい。3,000円以上食べれば、500円割引だとか。これ、結構大きいですね。

今のところ、協賛店には居酒屋が多い(ぽんすけは、あまり行かない)ので、ココでの紹介は限られてしまいますが、居酒屋を利用することが多い方や、飲み会を企画するときに利用してみてはいかがでしょうか。


シーズンチケット買った方は、チケットに同封されて付いてきたはず。そうでない方は、エスパルス・ドリームハウスで500円で売っているらしいです。よっぽど居酒屋だのボーリング場だのに行く機会が多くなければ、わざわざ買うこともないと思うけれど。
というか、シーチケ買って持っている人、周りに1人くらいはいませんか?

どんなお店が協賛しているのかの一覧は、ドリームハウスに行けば もらえるかな?スタジアムで配っていることもあります。去年の協賛店情報はネット上(エスパ公式HP)にアップされていますが、今年の情報は、まだ上がっていません。前より、かなり増えたのは確かです。


実際に使ってみたら、どんな感じだったか、またレポートします。


オレンジバンドに関わらず、街中グルメで、清水エスパルスに何らかの関係があるお店は「エスパ×グルメ」のタグを付けることにします。
エスパ関連でこのブログに辿り着いた方は、今後「スタジアムグルメ」「エスパ×グルメ」のタグにご注目下さい。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-25 18:46 | おしらせ

あまから亭(静岡市葵区両替町)   

【あまから亭】洋食・カレー

静岡市葵区両替町2-4-20 玄南ビル1階
054-255-1345
a0120344_23562224.jpg

呉服町通りから1本入った場所にあります。
「since 1979」ということで、今年でちょうど30年の歴史があるんですね。

a0120344_2356485.jpg


全てカウンター席で、1人で来ているお客さんがほとんど。


最も安いポークカレーは¥650-

カツ、コロッケ、ベーコンエッグカレーも、¥850-前後。
最も高いハンバーグカレーでも¥1000-と、全体的に手頃な印象。


とりあえず基本は・・・と何も乗っていないポークカレーを頼んでみました。
どうやら他のカレーも、これをベースにトッピングというスタイルみたいです。なんだ、それならトッピングしてみれば良かった。


a0120344_23572829.jpg

辛さは、中くらい。カレーのみを口に含むと辛いかな?というくらい。
どうやら、辛さ調節はできない様子。

家庭のカレーに近いというか、昔ながらの"日本のカレーライス"を王道で行った感じです。

しっかりと煮込まれています。
赤い小さな粒々がありますが、溶け込んでいて、はっきりとは分かりません。ニンジンかなぁ。
ジャガイモゴロリ。ポークゴロリ。


a0120344_23574221.jpg

豚のブロック肉。こういうお肉も家庭的ですね。
これは、かな~り軟らかでした。

自分でカレー作るときは、こういうカレー・シチュー用のブロック肉は、グラム単位で見ると割高になるので、あまり使わないなぁ。でも、やわらかくて味が良く染みこむから、やっぱりおいしいんですよね。



量を増やしたい人向けに「中盛り¥150-増」「大盛り¥300-増」がありました。

たまたま近くにいたお客さんが「大盛り」を頼んでいたので、その様子を横目で見ていましたが、あらかじめご飯の量を見せてくれるようです。

「大盛りだとこんなモンだけど良い?」とお店のオジサン。

これがまた、モノスゴイ量です。元々の大食いで、しかも、相当お腹空いた状態じゃないと・・。
ちなみに、そのお客さんは、思い切り盛られた大量のご飯に怖気づいたらしく、中盛りに変更していました。
いや、それは仕方ないって。実際のところ、中盛りでも結構な量に見えましたよ?


数人のお客さんがいましたが、皆さん、お店に置いてある雑誌や、自分で持ってきた文庫本などを読みながら、自分の世界に入っています。カレーを食べながら雑誌を読み、食べ終わった後も、しばらく、キリの良いところまで読んでからから席を立つ。

ほとんど全ての方が、そんな行動パターンを取っていました。

「本読みながら食べたら行儀が悪い」とか、そんなこと言う方が野暮。人の目も気にする必要なし。そんな感じのお店です。
でも、本をカレーで汚さないように気をつけてね(笑)

女性1人でも、別に良いと思いますが、ラーメン屋に1人で入るの無理という方には、難しいかもしれません。
もっとも私が立ち寄ったのは、帰りがけのサラリーマンが多い、平日の18時台でしたので、ランチタイムでは、また雰囲気や客層が違うのかも。


【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段〇/1人◎/デート×/家族△/仲間〇/お食事会×

手頃なカレーライス。帰りがけに1杯のラーメン・・ではなくカレーを食べたい気分のときに。
日曜日はお休みらしいので注意。

【あまから亭】
静岡市葵区両替町2-4-20 玄南ビル1階
054-255-1345


あまから亭 (カレーライス / 新静岡)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-23 00:11 | 静岡・駅周辺

全体マップを設定。   

こんばんは。

毎回のレポート最後に付けている地図とは別に、今までレポートを書いた全てのお店の場所を1枚の地図にプロットして、かつ、そこから各レポートへとリンクできるような「全体マップ」を設定できたら便利だなぁと思って、色々調べていました。

で、そういう用途では、Google マップが、なかなか使い勝手が良いことが分かったので、試しに作ってみました。PC上での閲覧を想定しています。

直接貼り付けようかと思いましたが、大きな地図を開いて頂いたほうが観やすく、また使いやすいので、閲覧時は、以下をクリック。ポップアップ・ブロックになる場合は、右クリックでリンクを開いてみて下さいね。

【全体地図はコチラです】
a0120344_148271.jpg




【操作・利用方法】

地図は普通にドラッグで移動、拡大・縮小できます。

地図上の印をクリックすると、吹き出しが開いて、お店の名前などが表示されます。
吹き出し内、少し大き目のフォントで書いている【店名】をクリックすると、そのお店のレポートに飛ぶようになってます。

また、画面左側にお店の一覧が出ますので、各店をクリックすると、そのお店の場所に自動的に地図が動きます。


Googleマップのオマケ機能として、吹き出し下の「ルート・乗り換え案内」をクリックして、駅の名前や住所を入力すると、入力地点から、お店までの大まかな行き方や距離を教えてくれます。徒歩何分くらいかも大体分かります。
「検索」を活用すると、このブログから飛び出して、もっと多くの有益情報を得られるのは秘密・・。



【今後、この全体地図を見たくなったとき】

TOPページ右側から。

1.「カテゴリ」中の「全体マップ」をクリックすると、この記事が開きますのでココから。

2.「タグ」中の「目次・索引・地図」をクリックして「全体マップを設定」をクリックすると、この記事が開きます。

3.「グルメブログ情報」の中に、「全体マップ」を入れておきますので、そこから。ポップアップ・ブロックになる場合は、右クリックでリンクを開くと便利です。


たぶん、3.が一番便利です。
ついでに、他の部分もクリックしてね。


新しいレポートごとに、全域マップも更新します。
左側の店名一覧の順番は、とりあえず、当面は私の好み順。
今後適当に入れ替えるかもしれません。

各レポートに付ける小さな地図は、使い勝手の都合上、今まで通りyahoo地図を使います。
これで自分の出没エリアが分かりやすくなりました。できれば、満遍なく・バランス良く、印を付けたいなぁ。

この地図に関わらず、今後も、全体の観やすさや検索性の向上にチャレンジしていきます。


設定に手間取っていたら、また真夜中になってしまった~。ひー。

では。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-21 02:15 | 全体マップ

クック・ドール(静岡市駿河区東新田)   

【クック・ドール】洋食

静岡市駿河区東新田4-17-1
054-256-4960

有名なお店らしいですね。

a0120344_23494375.jpg

表のボードでは「自慢のアレ」がアピールしてありました。草デカでしたっけ?普段、あまりTVを見ないのでよく分かりませんが、結構取り上げられている様子。


スタンダードに、まずはオムライスにしようか迷いましたが、肉を食べたい気分だったので、お店が自慢だと言う「クリームチーズ煮込みハンバーグ ¥1350-」を試してみます。
ライスは別で¥200-。


接客は、学生?っぽい雰囲気の女の子。
ホセ☆メンドーサにように洗練されている感じはしません。
家庭的といえば家庭的。


a0120344_23495874.jpg

店内の様子。
店内のボードには、メニューではなく、食材の産地が書かれていました。そういうのにこだわっているということでしょう。

丁寧に直火で焼いているそうですので、混雑時には多少待ち時間が長くなるかもしれません。


待っている間、業者とおぼしき方が、卵を持ってきました。10個くらい入った袋を2袋。
お店、しかも洋食屋さんで使う量としては、かなり少なく見えたのですが、業務用に安く大量に仕入れるよりも、必要なときに必要な分だけ仕入れる方針なのかもしれません。食材にこだわっているらしいので。

でも、こういう納品って、普通裏からじゃないのかな?
建物の構造上、表から入らざるを得ないのか、あるいは、敢えて客に見せることで、素材の鮮度をアピールしたいのか。

お店側の意図がドコにあるのか、つまらないことを色々想像してしまいます。


グツグツ・・

グツグツ・・


a0120344_23502439.jpg

運ばれて来た料理は、まだグツグツ言っています。
ハンバーグの上の白い物体はクリームチーズです。


フォークとスプーンがあり、ナイフはなし。どちらをどのように使うべきか迷いましたが、結論としては、スプーンで、ソース部分もすくうようにいただいた方がおいしいです。

スプーンがちょっぴり変わっています。
普通のテーブルスプーンよりも、すくう部分の湾曲が小さい、面白い形。ハンバーグ用なのでしょうか。
フォークは、ライスを食べるのに使えば良いのかな?


a0120344_23505064.jpg

グツグツをアップ。

ハンバーグは、家庭のモノに近い感じで、食べやすい。

ソースは、こってりした様なしつこさはなし。
その分、クリーミーなクリームチーズとの相性は良かったです。
両方濃厚だと、クドクなってしまいそうですからね。


ライスは、やや水気が少なく、ペタペタ盛った感じでした。
この炊き加減は、オムライスなどに使うことも想定しているからでしょうか。
このハンバークとならば、もう少しふっくらとよそった方がしっくり来ると思いました。むしろ、お茶碗のご飯で良いくらいですね。

何人かいらっしゃる店員さんは、奥の厨房の方で何か作業していますが、水が少なくなった頃にさりげなく注ぎに来てくれたりして、その辺りは行き届いています。


あれれ?
あっという間に食べ切っちゃった。
量は、あまり重視しない ぽんすけ ですが、それでも やや少なめ。
男性にとっては物足りない可能性あり。
逆に言えば、少食の女性も無理なく食べ切れそうです。


最後に・・お金払うときに横を見たら、卵について書いてありました。近くの鈴木さんという方の養鶏場から、取り寄せているそうです。
さっき納品に来たのは、鈴木さんだったのか・・
納品場面を見なければ、気にも留めなかったかもしれません。やっぱり、表からの業者さんの出入りは、意図的かな・・?ただ、積極的に地元の素材を使うというのには、好感が持てます。


シェフや店員さんの名前も知らないのに、なぜか養鶏場のオジサンの名前だけは記憶して帰宅。


・・おいしいと思います。
でも、どこかインパクトが弱かったというのが率直な感想。

特筆すべき!という喜びを、残念ながら、今回は見つけられませんでした。このハンバーグソースを、もしもご飯にかけたのなら、それだけでモリモリ何杯も行けそう!とか、そういう感じもしなかったし。

自分の家から、かなり離れたエリアなので、遠出をしたことによる期待が大き過ぎたのかもしれません。

いつか機会があったら、この印象を払拭しに、他のメニューをいただきに行きます。卵にこだわっているらしいので、やっぱりオムライスとかかなぁ。


【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段△/1人〇/デート〇/家族△/仲間〇/お食事会×

トータルで割高な気がしたので、家族△としました。家族4人くらいで、この値段の食事をするのなら、他の選択肢がありそうな。値段を気にしなければ〇。

素材にこだわっているらしいので、そういう代金も含むと考えるべきなのか。


【クック・ドール】
静岡市駿河区東新田4-17-1
054-256-4960

駐車場は、お店の前に2~3台分。建物の裏側にも。


クック・ドール (洋食 / 安倍川)
★★★☆☆ 3.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-19 00:35 | 静岡郊外・駿河区

実文(静岡市清水区八坂東)   

【実文】(和食・そば)
静岡市清水区八坂東2丁目1-27
054-364-6600

清水ICからも近い、大きなお蕎麦屋さんです。実文は、みのぶん と読みます。
大きな看板が出ているので分かりやすく、入りやすい。駐車場もかなり広いのが特徴です。

a0120344_21363279.jpg

で、入店。
バイト?お弟子さん?っぽい子が、オーダー取りに行ったりしています。

うむ・・・。

明らかに、店員さんの目に入っていると思うんですけど・・放置?
勝手に、適当な席に座っちゃって良いのかな?
突っ立っていても仕方がないので、自分から「ココ座って良いですか?」と声を掛けてしまいました。

テーブル席の他に、お座敷になっている席もあり。
奥のほうには、別室もあるようで、子供の声が聞こえてきました。
店員さんは、あちらに気を取られているのかな・・?

他のテーブルの方々も含めて、オーダーからの待ち時間は少ない印象です。


もり ¥600-


a0120344_2137571.jpg

つゆは、濃い薄いで言えば、薄口。というか甘め。
だしのうまみは出ています。

そば湯で割らなくても、そのまま飲めてしまいそう。
静岡の蕎麦屋さんは、全体的に醤油の割合が少なめな印象ですが、ココはそれが特に際立っています。
塩分摂取の都合上は良いかもしれません。


やや黒目のそば。表面の黒い斑点なし。

ずぞぞぞ~っ
ずぞぞぞ~っ



コシは特に強くありません。

ずぞぞぞ~っ
ずぞぞぞ~っ



お蕎麦は、香りもあります。


しかし、しかし。

なんだか、割箸の木の匂いが強いです。
言いにくいことをはっきり言ってしまえば、安っぽいと言うか。
せっかくの蕎麦の香りを、この割箸の匂いが殺してしまっているんです。

う~ん、実にもったいない。

そんな高級な箸である必要はないけれど、
蕎麦に、香りを楽しむという側面がある以上、ココにはもう少しこだわって欲しかったな・・。


a0120344_21372382.jpg

ずぞぞぞ~っ


蕎麦湯は、頃合を見計らって出してもらえるのかな?


ずぞ。


ぞ。


いや、食べ終わっても出てきません。
店員さんは大勢いるようでしたが、そもそも頼まないと出ないお店なのでしょうか。ことさら混雑しているようには見えなかったけれど。

正直な話、学生のバイトっぽい店員さんが、右も左も分からない状態で接客しているように見えました。入りたてだったのかもしれませんが、それなら他の店員さんがフォローしてあげないと・・。
蕎麦湯は言われてから出すというお店の方針なのか、店員さんの気が回らなかっただけなのか、不明です。

そのまま帰ろうかと迷いましたが、やはり、そば湯はいただきたかったので、結局自分から頼んでしまいました。

元々、そのまま飲めそうなくらいの薄口つゆなので、そば湯は少しでも味は充分なのですが、それだとぬるい。かと言って、湯を注ぎ過ぎると、ますます薄くなってしまいます。
薄いつゆや、そば湯onlyに、わさびを加えていただくのも悪くはないのですが、自分好みのフィニッシュを楽しむには、なかなか難しいつゆでした。


【感想】★★☆☆☆

味△/雰囲気△/値段△/1人〇/デート×/家族◎/仲間〇/お食事会×

蕎麦好きが、蕎麦を食べたい!という時の選択肢としては、物足りないかも。

車で、家族で、というときには、良さそうです。
おそらく数人分のそばが大盛りで来ると思われる、家族蕎麦というメニューがあります。
子供がいても大丈夫そうなので、家族みんなで食べたい時に いかがでしょうか。

【実文】
静岡市清水区八坂東2丁目1-27
054-364-6600

実文 (そば / 清水、新清水、入江岡)
★★☆☆☆ 2.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-16 21:53 | 清水駅前・郊外

日本平・スタジアムグルメ 【しおや】   

【しおや】
横浜Fマリノスとの、ホーム開幕戦!!
2万人ちょっとのキャパに1万9千人以上詰め掛ける賑わい。

しか~し結果はまたしてもスコアレス・ドロー。

去年から、会場MAXに近い人が集まる注目試合で、ズバッと快勝できない印象です・・。それ次第では、年間の動員も、もっと伸びそうなのに、残念。

雨、しかも暴風雨すら懸念されていましたが、日頃の行いが良かったために、ギリギリ持ち直し、日も照ってきました。
さすがに豪雨だったら、写真撮るのも大変だし、グルメはお休みにしようと思っていましたが、そんな心配も吹き飛んだので、さっそく食べて来ましたよ~。


※「スタジアムグルメ」のカテゴリ・コンセプトはコチラ


a0120344_113236.jpg

大勢のお客さんが詰め掛けた上に、開場がお昼時とあって、どこのお店も長蛇の列、列、行列。
新しいお店も出店しているし、かなり混雑。「鐘庵の最後尾はコチラでございま~す」とかいう状況でした。

日本平スタジアム(アウスタ)グルメ第2弾は、そんな列が比較的短かった「しおや」に決定。

a0120344_1132837.jpg

場所は地図右上の位置です。完全にビジター側なので、どちらのチームのファンでも気軽に買いにいけます(ホーム-アウェイ間が、安全上の問題で封鎖されたら、エスパルスサポーターは入れません)。実際に並んでいて、マリノス側の方が多い感じでした。


「しおや」は、牛タン焼きの専門店。
牛タンは、仙台から直送なんだとか。静岡の味というより、仙台の味ですね。


しおや丼 ¥800-
上牛タン炭火焼(お肉単品) ¥600-(←¥800だったかも。)
上牛タン炭火焼弁当(ご飯つき)  ¥1000-

などが、人気メニューっぽい。
日本平スタジアムのグルメとしては、TOPクラスの価格帯です。ま、牛タンだもんねぇ。
他にドリンクなども置いていました。

今回は、「しおや丼 ¥800-」を食べてみます。


a0120344_1135263.jpg

その場でじゅーじゅー。これは上牛タン炭火焼のようです。


・・・整理券を渡された。
先に会計を済ませているから列が短いだけで、整理券の順番待ちは、結局30人くらいでした。そりゃあ、そうだよね。このお店だけ極端に列が短いから、オカシイとは思ったんだ。
時間がかかりそうだったので、知り合いの方に、"新年"のご挨拶。それから戻ってきたら、ちょうど呼ばれるくらいでした。ちゃんと時間見ていなかったのですが、20分くらいだったかな?

キャパの95%くらいの入場者数で、しかもお昼時でこれくらいなので、それ以上待たされることは、滅多にないと思われます。


a0120344_1235426.jpg

これが、牛タンの「しおや丼」
お肉が4~5枚。

アハハ~。
コレ、普通のスタジアムグルメのクオリティ超えてるでしょ。

やわらか・肉厚の牛タンには、しっかりと味が染み込んでいます。


a0120344_1152093.jpg

パックリ割れているご飯は、麦飯?
ぱっと見た感じ、白米7:麦飯3くらいでしょうか。
コチラにもタレが薄く染みこんでいて、おいしい。

a0120344_1145383.jpg

スポンジのようにやわらかいお肉は、噛む度にタレと肉汁が出てきます。

コレは、少し冷めても、やわらかい。

スタジアム内ということもあって、すぐに食べられるとは限らない。人によっては、仲間内で回しながら味見したり、子供と一緒に食べたりもすることでしょう。
その意味で、冷めてもオイシイというのは嬉しいです。


スタジアムグルメとしては、高めの価格帯ですが、お祭りの屋台なんかで、下手をすれば、500円くらいで貧相な肉を出されることを考えれば、かなりお得です。

うーむ。上の牛タン炭火焼きは、もっとオイシイのかぁ。
やっぱり、そちらにするべきだったかな~。

ま、それは、またの機会で。


なお、この「しおや」は、静岡北口方面の街中に、店舗があります。
実は前から目を付けており、場所も把握しているのですが、入ったことはありません。静岡駅周辺で、お肉を食べたい気分になったら、この店舗の方にも足を運んでみますよ~。

店舗の「しおや」の場所
静岡市葵区紺屋町4-27 2F
054-255-2666




そうそう。
前回のスタ・グルメで紹介した鐘庵のかき揚げ丼ですが、値段は去年と同じでした。
ただ、他の方が買っているのをチョロっと見た感じでは、どうやら容器が変わった様子です。チャンスがあれば、またレポートします。

※「日本平スタジアム」は、ネーミングライツ契約によって、4年間「アウトソーシングスタジアム日本平(アウスタ)」と呼ばれますが、このブログでは、便宜上「日本平スタジアム」と表記します。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-15 01:49 | スタジアムグルメ

花橘(静岡市駿河区大谷)   

【花橘】和食

静岡市駿河区大谷2433-1
054-237-0202
※ 2008年店舗を移転したそうです。詳細は、最後に書いてあります。

知らないと踏み込まないであろう場所にある隠れ家的なお店。
「花橘」の読みは「かきつ」です。行くまで「はなたちばな」かと思っていた・・。
a0120344_23593410.jpg

お店に至るまでに通る庭に、まず趣きがあります。
青い光の部分は、「花橘」と書かれた看板です。写真だと、光が強めに写ってしまっていますが、実際には、もう少し やさしい灯りだったように記憶しています。

(夜だとちょっとコワイ)たぬき君がお出迎え。
a0120344_00257.jpg

落ち着いた雰囲気の店内には、数組分の座敷席。
ガラス張りのお座敷からは、ライトアップされた庭が見えます。
カウンターも4席くらいありましたので、「ヒザが悪いので、正座はシンドイ。かと言って、足を崩すのも・・」などとアレコレ考えてしまう女性がいらっしゃる場合は、カウンター席をチョイスするという手も。

「御料理」と書かれたお品書きは、手書きで古文書?みたいな雰囲気。歴史民族資料館とかに展示されていそうな感じに作り込んでありました。
a0120344_005794.jpg

定番メニューであると思われる

(うなぎ)蒲焼釜飯 ¥1600- に決定。

季節物として、牡蠣の釜飯もあったので、それにもかなり惹かれました。秋には、松茸釜飯もある様子。

今回はいただいていませんが、お刺身の盛り合わせなど、(駿河湾を中心にした)海の幸メニューも豊富だったので、県外から来る方との食事で、静岡の味を楽しんでいただくお店としても良さそうです。
ぽんすけも、両親が来たときの選択肢のひとつとします。

a0120344_012974.jpg

これは、急須のような醤油差し。お品書きもそうでしたが、お店にある小物ひとつひとつまで、吟味している感じです。


a0120344_021457.jpg

やってきました、蒲焼釜飯!

a0120344_024126.jpg

蒲焼は身の部分がふっくら。これがお店の蒲焼なんですね・・。ご飯もアツアツ。

蒲焼のタレがもう少し多い方が良い気がしましたが、それは普段、調味料だの、ソースだのを、ドバドバ使う食べ方をしているからかも・・。

ちゃんとした鰻の蒲焼を食べたことがほとんどないので、他のお店との比較はできません。今後、うなぎの専門店にも行ってみたくなりました。


a0120344_031766.jpg

お吸い物。白い麺が入っています。三つ葉、菜の花のようなもの、なめこが2つ。。写真の下の方に写っている白く細長い塊は、柑橘です。ゆずかな?
それぞれの具が控えめで、おくゆかしいのにも関わらず、しっかりとした存在感があります。

この薄味が上品なこと!

自分で汁モノを作ったら、少ない種類の具をドカドカ投入して、ついつい濃い味にしてしまいます。全てにおいて、対極にある料理です・・。


a0120344_04811.jpg

切干大根の煮物。ふりかけてあるカラフルなつぶつぶは何だろう?
つぶつぶは、見た目通りにコリコリしていました。
こういう料理、最近全然食べてなかったなぁ。

あと、お漬物もありましたが、塩気もキツくなく、 これまた やさしい味です。


やっぱり和食って良いですね!お店の料理も雰囲気も上品でした。
最も下品なのはおそらく、ご飯の写真撮りまくっていた ぽんすけ自身ですよ・・。


そうそう。帰りがけに、お菓子もらいました(笑)


【感想】★★★★☆

味◎/雰囲気◎/値段〇/1人△/デート◎/家族〇/仲間◎/お食事会◎

気軽に利用できる価格帯で、この雰囲気は高評価。
デートなどでも充分に使える和食のお店として、貴重。
雰囲気の出ている和食系のお店だと、どうも敷居が高かったり値段が高かったりしますし、逆に行きやすいお店になると、ファミレスっぽくなりがちですからね。

お店の場所が少し分かり辛いのですが、立地的に久能山周辺・すんぷ夢ひろばなどで遊んだ後に立ち寄るのにも便利。

【花橘】
静岡市駿河区大谷2433-1
054-237-0202
※2008年1月に移転したそうです※
登記上の住所自体は変わらなかったそうですが、実際の場所は変わったと言う不思議。(2009年3月現在)ネット上で確認できるお店情報(地図)は、移転前のモノばかりです。カーナビの住所検索かけても、おそらく以前の場所に誘導されます。実際のところ、そこのすぐ近くなのですが、知らないと戸惑ってしまうかも。


↑この辺り↑ですが、yahoo地図のデータが若干古いようで、周辺の道路状況は、アテになりません(アップさせた状態で「地図」「写真」を切り替えると、状況がまるで違うことが分かります)。
そこで、下の地図(クリックすると見やすくなります)と写真を参考にして下さいね。2009年3月現在、最新の状況です。
a0120344_092391.jpg


a0120344_094732.jpg

上の写真は「A」の地点。
「この先行き止まり」と迂回を促してきますが、強気に直進。
写真の通り「花橘この先」と書いてはありますが、車を運転しながら、まして夜間だと、よく見えないかもしれません。

a0120344_010133.jpg

Aの看板の向こう側の様子。左右、更地が多く、現在区画整理中。


a0120344_0102075.jpg

「B」の地点。(カーナビによると)以前の店舗がこの辺りだったと思われます。上の写真は、Bの地点から道路を挟んで向こう側のお店を見たもの。「釜飯」「天ぷら」などと書いたのぼりがチラチラ見えます。

「C」の点線部は、交差点から入れないようになっていました。


工事が進むにつれて、道路状況が変わる可能性があります。また、区画整理が終了すれば、周辺に建物が増えてきそう。今後もまた、様子が変わって来ると思われますので、ご注意下さい。

花橘 (割烹・小料理 / 春日町、静岡)
★★★★ 4.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-12 00:33 | 静岡郊外・駿河区

前言撤回   

なんと!!
「無断で地図を切り貼りするのは抵抗あるので、載せる予定はありません!」と宣言した次の日(3/9)に、エキサイトブログに地図貼付け機能が追加されました。

なんだそりゃあ~。

なんというタイミングで・・。


公式にyahoo地図貼り放題になったのだから、別に引け目を感じる必要もなさそうですね。エキサイト自身が「お店や写真の撮影スポットの紹介に便利です」と言い切ってるし。

考えすぎだったかな。



自分が行ったお店を紹介するにしても、別に宣伝目的ではないので、そもそも載せる必要があるかどうか迷いましたが、結論として、地図付けます。

今まで住所・電話番号を書いていたのは、実際に行ってみようかと興味を持って下さった方が、検索しやすいようにするためでした。でも、やっぱり、地図あった方が分かりやすいですよね。
何年後かに、自分自身が忘れそうですし・・。


今までのレポートに関しても、随時地図を載せていきます。

さっそく試してみました。

左の±で縮尺を変えられます。ある程度アップさせてから「写真」をクリックすると、衛星写真になります。
ハイテク!!でも、ちょっぴり古いデータなのかな・・?
[PR]

by sbpqj956 | 2009-03-10 00:39 | おしらせ