<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

このブログ。   

最近、すっかり外食が増えてしまいました。

おいしいご飯に出会ったときの喜びは、
ステキな人に出会ったときの喜びに近い。


外食自体はしているのですが、現在、写真を程良いサイズに加工して、文章を書く作業が追いついていない状況です。


ところで、とても評判が良いお店でも、自分で足を運んでみたら「あれれ・・?」と思ったり。逆に、街中の聞いたことないお店にフラっと立ち寄ったら、感激する程おいしかったり。似たようなことは、きっと誰もが一度は経験あるのではないでしょうか。

みんながおいしいというお店は、大抵はおいしいのですが、自分の好みに完全に一致するとは限らない。
それがまた、実際に足を運んで、おいしいお店を探す楽しみだったりもします。

このブログは"私個人のお気に入り"を開拓する様子をつづったモノですので、時には、あなたのお気に入りのお店が、思いもよらず低評価だったり、逆にあまり良い印象を持っていない店が、高評価だったりすることもあるでしょう。そのことに、あるいは不快な思いをされてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、そんなときも「人による感覚の違いを楽しむ」くらいの気持ちで、ご覧いただけたら幸いです。

誰が見ているか分からないブログとなると、つい無難なことを書いてお茶を濁してしまいそうになりますが、私が感じたことを、できる限り、プラス・マイナスの両面表現していきたいと思います。グルメ本やTVなどでは、マイナス面も含めて紹介されることが ほぼないので、それなりに重要な情報ではないかと考えています。

私は飲食産業とは全く違う業界で仕事をしていますが、自身の仕事の関係で、相手にどうアピールするのかとか、どのような距離を取るかとか、そういうことを常日頃から考えているために、お店でもついつい目が行ってしまいます。ご飯とは直接関係ない部分の観察や、接客接遇についての考察が しばしば入ると思いますが、適当に読み流して下さいね。


ちなみに、気になることや分からないことがあったら、お店の方にも、結構ホイホイ聞けてしまう性格であるため、チャンスがあったら、そのような話も紹介します(ネパールの館のレポートの後半で紹介しているのもソレです)。

ただ、"こだわり"を直接お店の方に聞いて、あまり詳しく知ってしまうと、その点ばかりに目が行って、ぽんすけ本来の感覚と違ってしまう気がします。そのため話を聞くのは、ご飯をいただいて、感想や印象が概ねまとまってからにするよう、心掛けています。

そのお店がこだわっている点には、全く気付かずスルーしてしまって、そうではない部分に勝手に感激していることも多々あるかもしれませんが、逆にそんなところもお楽しみいただけたらと思います。
スルーしていた部分を確認するために、後日、再度同じお店に行ってみる、別視点レポートなんかも書けたら良いな。


今後とも、お付き合いいただけたら嬉しい限りです。

では。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-26 22:41 | おしらせ

目次   

このブログの、過去の投稿含めた一覧は

目次 ← コチラのRSSアドレスへ。

(※間に入ってくるPRというのは、外部の広告です)



★エリアの区分★

「静岡駅周辺」
「清水駅周辺・郊外」
「草薙駅周辺」
「静岡郊外・葵区」
「静岡郊外・駿河区」

とします。
駅周辺として区分するか、郊外とするかは、私の感覚なので、大よその目安として下さい。

由比や富士、焼津、藤枝など、他の地域のお店をレポートするチャンスがあったら、区分エリアを増設します。


★食事ジャンルの分類★

一応の目安として、

洋食は「洋食屋・カフェ・イタリア・フランス」など、一般的な地域・国のもの。
異国系は、「中華以外のアジア・中南米・アフリカ」とします。

「和食」の中でも、「蕎麦」は特にレポート数が多くなりそうなので別タグを設定しています。
各ジャンルをさらに細分化するかは、現時点では未定です。


そもそもレポートできるかは不明ですが、
スペイン、ハワイ、ロシア、その他東欧料理など、洋食と言えば洋食だけど、いつもとは少し違った料理を楽しめるというお店は、「洋食」「異国系」両方に入れる。
同様に、沖縄料理などは「和食」「異国系」両方に入れる予定です。

要するに「異国系」は、普段とは少し違った料理を楽しめるお店です。


エリアの区分は、カテゴリではなく、タグにした方が良いか・・など、
投稿レポートの分類は、未だに試行錯誤しています。
予告なしで微調整するかもしれませんので、ご了承下さい。

今後、お店の索引・地域別分類一覧など、
過去の投稿を検索しやすくするためのページを設定するかもしれません。


今後ともヨロシクお願い致します。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-26 22:26 | おしらせ

ダンパーパ(静岡市駿河区中吉田)   

【ダンパーパ】洋食・パスタ
静岡市駿河区中吉田45-17
054-263-6087

a0120344_2129466.jpg

外観は、おしゃれなカフェ・レストラン。


店内に入ると、テーブルよりも先に、まずキーボードとドラムセットが登場。奥のガラス張りの部屋には、ピアノも。

a0120344_21302410.jpg

土曜日には、生演奏をやっているそうです。
建物は普通のカフェっぽいけど、ガラスや壁は防音になっているのかな?


「パスタランチ(コーヒー付き) ¥800-」を注文。


この日、大き目の音量で流れていたのは、J-POPの英語版。
一青窈の歌などを、外国のアーチストの方が歌いなおしたモノで、
すでに耳に馴染んでいるメロディーも、また違って聴こえます。



a0120344_21304868.jpg

茄子のミートパスタが出てきました。意外と普通な感じでしょうか。

・・・ん??

パスタは、つくり置きしたものを温めなおしている?
しかも、温め損ねたのか、数切れある茄子のうち、何故かひとつだけが冷たかったのです。これには正直、面を喰らってしまいました。


うーん。
単純に食事・コーヒー代として考えたら高い。
ここでは、雰囲気と音楽を楽しむべきです。

実際に、流れている音楽は良かったですよ。
なかなかの好みだったので、もう1,2曲聴いていたいと思いました。一青窈意外は誰の曲だったのだろう。絶対何度も聴いたことあるメロディーなのに、思い出せず・・。


土曜日の生演奏は、どんな方が登場するのかチェックして来店してみたい。

音楽をメインに、軽食やコーヒーを楽しむ場


【感想】★☆☆☆☆(今回の個人的な満足度として)

味×/雰囲気〇~◎(生演奏に期待)/値段△/1人△/デート〇/家族×/仲間〇/お食事会×


お店のコンセプトを理解して利用すれば、★はたくさん付くかと。
何も知らずに飛び込んだのが間違いでした。

あらかじめ、どんな演奏をやっているのか下調べしておけば、週末の草薙周辺のデート等で、アクセントを付けるのに使えそう。手軽な値段で、生の音楽を聴きながらお茶するなんて、なかなか良いでしょう?


【ダンパーパ】
静岡市駿河区中吉田45-17
054-263-6087

[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-23 21:39 | 草薙駅周辺

スタジアムグルメ   

ぽんすけは、Jリーグが開幕すると、エスパルスの試合をよく観に行きます。

a0120344_2265498.jpg

もちろんサッカーを観に行くわけですが、
スタジアムでのサッカー観戦にはもう一つの楽しみがあります。

それが「スタジアムグルメ」

特に違う地域のスタジアムへ、アウェイ・ゲームを観に行ったときは、「その街の味」をスタジアムで味わいながら、観戦する。これもまた、大きな楽しみです。
実際、自分の好きなチームを追っかけて遠征するときは、相手チームの地元グルメをチェックしている方も少なくないはず。

私は、仕事の都合などもあり、なかなかアウェイ遠征はできませんので、日本平スタジアムのグルメを中心に紹介して行きます。

この「スタジアムグルメ」のカテゴリーでは、遠くからやって来る他サポさんにも参考にしていただけるような内容を目指して整理します。

年に1回来れるかどうか分からない「静岡・清水・日本平」のグルメを楽しんで行ってね!

また、サッカー観戦で遠征している方に多いのが、「遠征費がかさむので、極力食費は抑えたい。でも、その街のご飯は楽しみたい」という話。そこで、リーズナブルに静岡の味を楽しめて、かつ駅やスタジアムから行きやすい、また、土地勘がなくても場所が分かりやすいお店なども紹介していけたらと思います。


もちろん静岡在住の方も、日本平スタジアムに行くときの参考にしていただけたら、幸いです。

※「日本平スタジアム」は、ネーミングライツ契約によって、4年間「アウトソーシングスタジアム日本平(アウスタ)」と呼ばれますが、このブログでは、便宜上「日本平スタジアム」と表記します。


【参考】
日本平スタジアムのグルメ(公式HP)
http://www.s-pulse.co.jp/guide/gourmet/
お店、スタジアム内にいっぱいあるよ!
今後、実際に食べながら、少しずつ紹介して行きます。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-21 22:10 | スタジアムグルメ

ネパールの館(静岡市葵区瀬名川)   

【ネパールの館】異国系・本格カレー

静岡市葵区瀬名川1-32-25
054-262-5812

始めの何件かは、実は携帯のカメラで撮っていましたが、やはり、おいしそうに写らないので、ちゃんとしたデジカメを購入しました。グルメブログを写真付きでやるつもりなら、先に用意しとけよという話なわけですが、そういうことは気にしない。
特にニースのお肉は写真写りが良くなかったので、いつかまた行って、おいしく撮ってみせます。

ヤ〇ダ電機でデジカメ買ったその足で、バイパス瀬名IC方面へ。
新旧の北街道が交わる交差点を北上、「うわさのスーパー」の向い辺りです。

ちなみに、お店の方はネパール人ではありません。
きっと、ネパールに何らかの縁がある日本の方。

a0120344_1836040.jpg


外観は、普通の喫茶店風で、常連さんとかが多そう。

店内に入ると、異国情緒溢れる小物で溢れ、ネパールの写真なども飾っています。どのような繋がりかは存じませんが、現地の方々と生の交流がある様が見て取れます。

a0120344_18361819.jpg

渡されたメニュー表は、日焼けして年季が入った感たっぷり。
もう一度刷って、パウチし直すだけでも、掴みの印象がかなり違う気がしますが・・。


特製オムカリーセット ¥850- を選択。

ネパールカリーセットも同じ値段。
セットでは、コーヒー or 紅茶とサラダ付き。
オムカリー単独だと ¥800- なので、明らかにセットがお得です。
"カリー"の辛さを聞かれますので、お好みで。


a0120344_18362916.jpg

買ったばかりのデジカメの威力!!
アップする都合上、画質を落としていますが、充分伝わるはず。

"カリー"を一口。
野菜は色々入っていそうだけど、何だろう?
具体的には分かりません。なにせ、トロトロに煮込んであるから!
かつては野菜だったものが、半固形状に溶け込んでいます。
少し酸っぱい感じ、トマトのような・・?

まず、この少し酸っぱい野菜の風味が口の中に広がり、少し遅れて香辛料の辛味がやってきました。

この2段階の味と風味は新しい。

そして、ミルクがかけてあり、そこも含めていただくと、とってもクリーミー
普段、自宅でカレーを作るときに、牛乳を加えることがありますが、食直前に、ポーションタイプのコーヒー用ミルクをたらして、
ノーマルとクリーミーを食べ比べてみるのも面白いかも。これは新たな発見。

牛肉は、細く切ってあるのが特徴。具がほとんど溶けている中でも主張し過ぎることなく、さりげなく入っています。
ネパールって仏教?ヒンドゥー教?牛食が禁忌なのはヒンドゥー?
そもそも日本人向けなので、その辺りは、あまり関係ないのかもしれません。


"オム"の部分。卵の層はやや薄め。卵の白身がトロトロです。
ライスは薄い黄色で、ターメリックを混ぜてある様子。
洋食屋のそれとは全く違い面白い。

サラダは、小さく切った豆腐が乗っていました。


a0120344_1836418.jpg

お店の奥には、ネパールの雑貨やヒマラヤ岩塩が並べられ、購入もできます。エキゾチックな小物が好きな方ならば、きっと楽しいのではないでしょうか。
ぽんすけは、特別にそういうこともないので、紹介するに留めておきます。


食後に、お店の方に聞いたところによると、現地から香辛料を取り寄せているそうです。そもそもカレーにとろみを付けたのはイギリス人だとか。
なので、現地で食べられているモノではなく、ネパールの食材を使って、日本人の口に合うようにアレンジしたのが、このお店の"カリー"。ですから、香辛料特有の強い香りは苦手で・・なんて方にもオススメできます。

香辛料の使い方や味・風味は、地域や家庭によっても違うものらしく(日本のお味噌みたいなモノ?)
ネパールの方にとっても、懐かしい味と言ってもらえる風味なのだとか。

私には、スパイスの風味を嗅ぎ分けられるだけの能力はありませんが、自分で作ったカレーとの違いくらい分かりますよ!(比べることが、そもそも失礼ですね、はい)


【感想】★★★☆☆

味〇/雰囲気〇/値段〇/1人〇/デート△/家族△/仲間〇/お食事会×

5~20人の食事会も予約でできるようです。
仲間内で、いつもと違った食事を・・という場面では面白いと思います。
評価「お食事会」は、必ずしも親しいとは限らない方との食事を想定しているので、誤解なきよう。


【ネパールの館】
静岡市葵区瀬名川1-32-25
054-262-5812


ネパールの館 (ネパール料理 / 草薙、県立美術館前、県総合運動場)
★★★★ 4.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-18 18:53 | 静岡郊外・葵区

おいしいスライドショー(随時更新)   


        

「おいしいスライドショー」

ぽんすけが、新しいお店に行くごとに、随時更新。
今後、枚数が増えていく予定です。最大10枚まで。



今まで、本文に登場したことない写真は、今後の予告です。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-14 15:51 | スライドショー

とんかつ六角堂(静岡市清水区西久保)   

【とんかつ六角堂】和食・とんかつ
静岡市清水区西久保44-21
054-364-8119

清水ICの近くバイバス沿い、西久保交差点。
有名な「ちゃんこ江戸沢」の隣と言えば分かりやすいでしょうか。

以前は、同名のラーメン屋でしたが、2007年秋くらい?
いつの間にか、とんかつ屋に生まれ変わっていました。
ラーメンでも食おうかと立ち寄った時の驚きは忘れません(笑)


a0120344_1455390.jpg

のぼりの出し方とか、ファミレスっぽい感じ。
入り口には、今時珍しいピンクの電話。


a0120344_1463254.jpg

窓が多く、店内明るい雰囲気。
トンカツ屋としては、女性同士でも入りやすいかな?


すぐにお茶が出てきました。
TVや雑誌も置いてあり、待ち時間を潰せます。


ヒレカツランチ ¥980-

11時~15時のランチタイムを逃すと、同じ量のカツが¥1200-になるようです。
多少お金出してもたくさん食べたい方は、肉の量を多くすることもできます(ランチ外メニュー)。冬場は、カキやエビフライ定食もあり。


a0120344_1411474.jpg

出された料理は、ボリューム満点。キャベツがこんもり。
そしてお茶。入店してすぐ出たお茶がまだあるのに、2杯目がご飯と一緒に出てきました。
蕎麦の吉野で、お茶と水が両方出てきたのと同じようなパターンでしょうか。お茶、もう一杯とかいう要望多そうですからね・・。

ご飯・味噌汁・キャベツはお代わり自由。
ガッツリ盛られたキャベツをお代わりできる人がいるのかは謎。

やや濃い目のソースが付いてきていますが、カラシ・レモンが添えてあり、テーブルには、塩・醤油など。
要は、好きなモノ付けて、好きなように食べてねってスタイル。
私はソース少し付けたり、何も付けなかったりを交互にいただきました。カツは、ヒレだけに柔らかく、ソースは控えめの方がおいしい。

ただ、ご飯の炊き加減が・・?ちょっぴりムラがありました。
でも、もりもりトンカツ食べて、ほむほむご飯いただく分にはあまり関係ないのかな。
なるほど、食べ終わる頃には、2杯あったお茶も飲みきり。
食後に、さらにもう一杯という方も、いらっしゃることでしょう。


普通の食堂・ファミレス的。
手があいたときに、店のオバサマ達が、おしゃべりしていましたが、
そういうのは気にせず、特にガッツリ食べたいときには良いでしょう。


【感想】★★☆☆☆

味△/雰囲気△/値段△/1人◎/デート×/家族〇/仲間△/お食事会×

量重視の方向け。もりもり食べて、午後も仕事頑張るぞ~というときに。私の場合、お腹いっぱい食べて、昼寝したくなりましたが(笑)


【とんかつ六角堂】
静岡市清水区西久保44-21
054-364-8119

六角堂 (とんかつ / 清水)
★★☆☆☆ 2.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-14 14:20 | 清水駅前・郊外

吉野(静岡市葵区鷹匠)   

【吉野】和食・そば
静岡市葵区鷹匠1-7-10
054-255-3277

新静岡センター横。センターから日吉町方面に向かって歩こうとすると、すぐに見えてきます。
外観は街中にある、普通のお蕎麦屋さんと言う感じで、男性なら1人でも普通に入れますが、女性だけでは入りにくい雰囲気か。

おしながきを見て、ちょっぴり嬉しくなるのが、二八と十割を選べる点。なるほど、蕎麦の専門店なのだと納得。

いつもなら、天せいろで行くところですが、すでに1~2時間前に他で一枚お蕎麦食べていたので、最も安い

二八のおせいろ ¥630- を選択。


素早く出されたのが、つゆ、薬味、わさび、漬物、お茶、水。

お漬物が嬉しいですね。
茶と水が両方出てきたのには少し驚きましたが、これがこのお店のスタイルなのでしょう。個々のお客さんの要望を先回りでしょうか。
実際、お茶一杯欲しくても、店員さんが忙しそうで声をかけづらいなんてことありますから。


蕎麦の専門店だけに、種類が豊富。
冷温の一般的な蕎麦の他に、更級の白い蕎麦、茶そば他、面白い蕎麦が色々。
暖かい蕎麦も、にしんそばまであります。にしんそば、京都でしか食べたことないや。

何度来ても楽しめそうな品揃いです。

a0120344_18152279.jpg

出てきた二八の蕎麦は、店内の控えめな照明の関係でよく分かりませんが、黒っぽい。

つゆは、辛くもなく、甘くもなく。


お蕎麦は・・香り高い!!
多少鼻が詰まっていても香るよ!!


コシは強め。

ずぞぞぞ~っとやるのに必要なだけなつゆを、ちょこんと付ければ充分。今回は、薬味もワサビも使わず、つゆ付けるのも惜しむくらいに、香りを楽しみました。


ずぞぞぞ~っ
ずぞぞぞ~っ



そして最後はやはり、薬味とワサビも消費しつつ、つゆの蕎麦湯割り。薬味とワサビを、ほとんどこのタイミングのみで使うのやっぱり間違ってるかね・・。

・・・・
・・・・
・・・・


ん・・!?・・蕎麦湯も、香るよ!!


蕎麦湯までも、蕎麦の香りが立っているんです。
この時間が好きな人にとっては、なんとも嬉しい限り。


是非とも、10割や変り種蕎麦も試していきたいところですが、
最も安い「おせいろ」でも、充分満足できてしまう ぽんすけ でした。




【感想】★★★★★
味◎/雰囲気〇/値段◎/1人◎/デート×/家族〇/仲間〇/お食事会×

630円で、このお蕎麦が食べられるのなら安い!

ブログを始めたばかりで、5つ星をつけてしまうのは、少々早い気もしますが、現時点で、静岡一のお気に入り蕎麦屋になったので、そう評価せざるをえません。

普通のお蕎麦屋さんという雰囲気のため、デートには不向き。しかし、とにかくおいしい蕎麦を食べさせたいんだという熱意ありならばOK。


【吉野】
静岡市葵区鷹匠1-7-10
054-255-3277

手打そば 吉野 (よしの) (そば / 新静岡、日吉町、静岡)
★★★★★ 4.5


[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-10 18:28 | 静岡・駅周辺

ブログ開始の動機   

私は、県外の出身者なので、静岡のおいしいお店ってあまり知らないのです。誰かに会っても、食べる場所が分からなくて困る。

それでも・・例えば月に1箇所でも、コツコツ3年も続ければ、40店近く。数十ものお店を把握して、整理すれば、それはちょっとしたグルメ本並かも!?しかも自分で実際に足を運んで得た情報であれば、本では伝わらないことまで分かるし。

これは、ちょっとした静岡っ子よりも、詳しい人になれるかもよ!?

・・などと思いついて、コツコツ開拓していくことにしました。


「食う場所に困ったら俺に聞け!!用途と予算別に教えたるわ」くらいの勢いになれるのかは不明ですが、そんなことを密かに目指しつつ、ひっそりとスタートです。


私の友人に、このブログの存在が知れたら、「ぽんすけがグルメブログなんてありえない(笑)」とか言われそう。それくらい、グルメとは縁通い幼稚な味覚の持ち主です。
だからこそ、おいしいお店を整理して、データベース化しようなんて考えたんですけどね。


それぞれのお店に行くきっかけは、自力でたまたま見つけた場合もありますが、誰かに聞いて実際に行ってみたとか、そういうことも少なくないので、特に始めのうちは、有名なお店が多くなってしまうかもしれません。


ブログデビューに当たって、(書き方など)他の方のブログを参考にさせていただきながら試行錯誤しているので、この構成、どっかと似ているな、とお感じになるかもしれません。
ただし、味の評価などは、もちろん、自分自身の感覚を正直に書いていますよ。

徐々に独自色を出して行きたいな・・。
[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-10 01:46 | おしらせ

ニース(静岡市清水区宮代町)   

【ニース】洋食
静岡市清水区宮代町10-18
054-364-8192

今回はフレンチ中心の洋食レストラン。
グルメブログ始めたのは良いですが、蕎麦ブログになりそうなので、早めに違うジャンルのお店も載せて、方向付けしておきます。

a0120344_013761.jpg
通り沿いにありますが、小さなお店なので、昼間だと気付かずに通り過ぎてしまうかも。

両側にセブンイレブンと清水銀行がある交差点のすぐそばなので、それを目印にすれば大体分かると思います。



駐車場は5台分。しかし、初めて行ったらまず分からないであろう住宅街の中。月極駐車場の一部がお店用になっています。
私は前々からお店の存在には気付いていましたが、駐車場の位置が運転しながらだと確認できなかったので、いつも、そのまま通過してしまっていました。

a0120344_041839.jpg

車で行かれる方は、地図を参考にしてみて下さい。細かく一方通行が設定されているので注意!

(※ コンビニに駐車しないでね!)




a0120344_0192324.jpg


店内は、家庭的な雰囲気漂っています。TVもあります。

ご主人とお客さんが、気さくにおしゃべりなんかもしています。




ニースという名前の通り、1500円のお手軽フレンチや、ご主人お任せの3500円コースなどがあるようですが、それ以外にも魚・牛豚鶏などの料理、パスタなど結構なメニューがあります。

1人だったので、手軽に・・と 
(富士の国)ポークステーキ ¥1500- をチョイス。
a0120344_0212544.jpg

写真があんまりキレイに撮れなかった・・。

「富士の国」とあるとおり、静岡産の豚のようです。"地産地消"ってのは、なんだか安心で嬉しいですね。

お肉は一口大に切ってあり、割り箸でいただきます。
これは意外!でも、ナイフはダメというおとーさん、おかーさんでも安心。
他のメニューではどうだか分かりませんが、どちらにせよ、あらかじめ言えば、食べやすいサイズに切ってくれると思います。そういうことも、きっと快く応じてくれる。恥かしくなくお願いできる。そんな包容力と安心感を感じました。

たまにはお肉も食べたいけど、テーブルマナーがとか気になって・・という方にはオススメ。気取ったりせず、緊張したりせず、いつものようにご飯をいただく、そんなお店です。
料理についても「コレは何ですか?」なんて質問もできちゃいます。
実際、付け合せの緑の野菜が「プチベール」であることは、ご主人に聞きました。
後で調べてみたのですが、ケールと芽キャベツを掛け合わせた新野菜のようで、栄養価も高いそうです。

少し辛目のソースと黒コショウが良く効いた柔らかお肉に、ライスが進む進む!ランチタイムは、お得なセットがあるようです。気軽に来よう。

一方、お皿がちょっと欠けていたりして、そういう評価はマイナスかな?食器まで吟味して・・という感じではなかったので、そういうところも含めて楽しみたい場合や、オシャレなお店でご飯というときの選択肢には難しい印象です。
ファミレスでご飯食べようかなんてノリの時に、もう少しだけお金出して、もっとおいしいご飯食べる「気の知れた人との食事」に向いています。


【感想】★★★☆☆
味〇/雰囲気〇/値段〇/1人〇/デート×/家族〇/仲間〇/お食事会×

デート×は、小ジャレたお店に連れて行きたい場合の話で、「気の知れた彼女」となら、デートでもOKかと。お食事会は、仲間内でなら可。

【ニース】
静岡市清水区宮代町10-18
054-364-8192

ニース (フレンチ / 清水)
★★★★ 3.5


[PR]

by sbpqj956 | 2009-02-09 01:15 | 清水駅前・郊外