マハラジャ ダイニング(静岡市駿河区池田)※エスパ×グルメ   

【マハラジャ ダイニング】

静岡市駿河区池田405
054-265-4000

※↓追記↓※
エスパルスニュース(エスパ後援会で毎月送られてくるアレ)で、このお店が紹介されました。

ヨンセン選手が表紙の「エスパルスニュース2009年6月号vol.133」です。このお店は、伊東輝悦選手もお気に入りなんだとか。

エスパニュースは、会員じゃなくても、エスパルス・ドリームハウスなどで購入できます(在庫があれば)。
※↑ココまで↑※


a0120344_2359404.jpg
前から気になっていた このお店。ついに行ってきました。

県道407号線。南幹線というのか、テレ静通りというのか、旧?カネボウ通りというのか。私には、その境が 未だに良く分かりませんが、あの通り沿いです。

草薙から東静岡方面に向かって、テレ静を通り越した先。隣にある牛丼の松屋の看板がデカイので、これを目印にすると分かりやすいです。ただ、松屋の一軒手前ですので、通り越さないように注意。反対車線(静岡→草薙方向)側からは、やや入りにくいと思います。

a0120344_014291.jpg

店員さんもインドの方でした。日本語は堪能。


Aセット ¥1575-
Bセット ¥1365-

カレーの種類がいくつかあって、選択できます。
ナンか、ライスかも選択できます。

AとBの差は、サブジ(インドの野菜料理)が付いているか。


今回は、「キーママタールカレー(羊のひき肉カレー)」のAセット。
スープ・サラダ・ナン・マサラティ付き。


サブジは、野菜にスパイスを効かせながら蒸煮 or 炒め煮した料理全般のことらしいです。
このお店では「ジャガイモとナスのサブジ」でした。野菜は季節によって違うのかもしれません。

マサラティは、インドの紅茶。これがどういうモノかは、後ろの方に書いています。

a0120344_003032.jpg

店内には、ヒンドゥの神様の置物など、インドっぽいものがたくさん。
そして、インドの歌謡曲が流れていて、異国ムードを演出してくれています。

a0120344_044295.jpg

まずやってきた前菜。

a0120344_082795.jpg

これがサブジですね。スパイスが効いています。
ターメリック以外に、何の香辛料が使われているのかは分かりませんが、すでに結構辛いです。

a0120344_094527.jpg

スープ。ココナッツミルクではなく、生クリームで味を整えているようです。これにも、スパイスが入っているみたい。辛味はそれほどないので、「舌休め」「舌冷やし」にちょうど良い感じです。

今まで食べたことがないモノばかりの上、語彙が足りず、なんとも形容しがたいのです・・。


a0120344_09235.jpg

どかーん。
両手を広げたよりも、ずっとデカイ。
こんな大きいの食べられるのかなぁ。


a0120344_0115469.jpg

そして、メインのキーマカレー。金属のプレートで出てきました。
後で知ったことですが、インドでは「金属の食器=高貴で清浄なモノ」という考え方があるそうです。


さっそくナンを ちぎりながら・・・う~ん、辛ウマ!!

a0120344_0123559.jpg

ナンってのは、うす~く広げて作るらしく、厚みはそれ程ありません。

これは行けそうとパクパク食べていって気が付きました。


ナンは、あっという間に半分くらいになっているのに、カレーは4割くらいしか減っていないよ。このペースだと、最後カレーが余って、ヒーヒーになるじゃないか!

以降、ナン消費のペース配分を計算しながらの食事に。
そのペースで食べると、やっぱり辛いわ~(※ 普段の市販カレールーで中辛の人)。

水と初めに出されたスープでヒーヒーを紛らわそう。


そんなトコロを見計らってか、マサラティ(インドの紅茶)が出てきました。
a0120344_0145888.jpg

インドの紅茶と言えばチャイですね。詳しい淹れ方は知りませんが、たぶん細かいお茶葉を使って出したミルク・ティ。
通常、チャイというのは、砂糖たっぷりで、私たちの考えるお茶よりは、スイーツに近いようです。
それに、さらに香辛料(マサラ)を加えたのがマサラチャイ。
ココでのお茶は、甘いモノというよりは、日本人のイメージするお茶に近くしてあるということで、「マサラチャイ」ではなく、敢えて「マサラティ」と呼んでいるのかもしれません。

その代わり、ご覧の通り、スティックシュガー2本付き(笑)
本来の「チャイ」に近い感じでいただきたい方は、全部入れちゃいましょう。ぽんすけも、2本投入。


初めの1口、2口は、何も感じません。
だって、口の中が辛いんだもん。

3口目くらいから、ようやくお茶の風味を感じました。おいし。
ここまで散々スパイシーなモノを食べてきたので、
チャイにスパイスが効いているのか、もはや分かりませんでした。

a0120344_0152216.jpg

でかかったナンも、スッカラカンのペローリ、ごちそうさま。


異国の料理というのは、その国についても興味が持てて、楽しいですね~。一口にインドと言っても、地方によってまた違うみたいです。他のインド料理も食べてみたいなぁ。



ちなみに、最後にちょっとだけ聞いたところでは、
やはり日本人向けに多少スパイスを控えめにしているそうです。

本場インドでは、もっとスパイスを効かせるんですって。
ってか、すでに結構辛目な感じがしたけど!?
そんなに辛くしたら、もはや何も感じなくなりそうな予感。

逆にインドの方に和食を食べさせたら、薄味過ぎて何も感じないのだろうか・・?う~ん、店員さんに聞いてみたい(笑)

一応、現地レベルにすることもできるらしいですよ。
辛党の方は、是非チャレンジして下さいね~。
私は、日本人向けで良いですが・・。



【感想】★★★★☆

味〇/雰囲気〇/値段〇/1人△/デート〇/家族△/仲間〇/お食事会×

異国系は、いつもと違って楽しい!!
評価の「お食事会」は、仕事関係での食事などを想定していますので。

【マハラジャ ダイニング】
静岡市駿河区池田405
054-265-4000

マハラジャ ダイニング (インドカレー / 古庄、東静岡、県総合運動場)
★★★★ 4.0


[PR]

by sbpqj956 | 2009-04-10 00:27 | 静岡郊外・駿河区

<< 日本平・スタジアムグルメ【富士... キッチンたうち(静岡市駿河区曲... >>